オモシロ!クイズRPGと海外のバカゲー

超面白い!クイズRPG!魔法使いと黒猫のウィズ

私が最近面白いと思っているのは、「魔法使いと黒猫のウィズ」と言うクイズRPGです。

 

ソーシャルネットワーキングサービスゲーム、いわゆるソシャゲの一種で、単純なカードの力だけではなく、クイズ力なども必要なゲームです。クイズの種類はアニメ・ゲーム、文系、理系、雑学、スポーツ、芸能の六種類からなり、最近の話題などもクイズになっているので、飽きが来ずある意味勉強にもなります。

 

また、この手のゲームは後から出てきたカードがどんどん強くなる傾向にあり、このゲームもその例には漏れないのですが、昔出たカードも後々になって進化することで再び最前線で戦えるようになることがあり、その点も面白いと感じています。カードの強さも一定ではなく、このクエストでは役立たずだけれどあのクエストでは無類の強さを発揮するカードなどがあり、そう言った多種多様なカードでデッキを組む楽しさもあります。

 

最近ではクエスト中にカードのキャラクターが話すボイス機能が備わっており、好きな声優さんが演じていたりするととても嬉しくなります。各キャラクターたちにしっかりとしたストーリーがあり、いろいろなイベントもそれぞれが一つのRPGをプレイしているように熱中出来ます。課金をしなくても強力なカードが手に入るチャンスもあり、無課金の方でも十分楽しめると思います。

おすすめの海外ゲーム「I am Bread」

最近やっていて一番面白かったPCゲームは、「I am Bread」という海外ゲームです。イギリスの製作者が開発したゲームなのですので言語は全て英語ですが、読めなくても十分に楽しめます。このゲームは主人公が食パンで、自身がおいしいトーストになることを目標としています。簡単だけど難しい操作性、パンが思い通りに動かないもどかしさ、そしてなんといってもバグなのか仕様なのかわからないアクションが大きな見所です。最初はなんてふざけたゲームなんだ!と相手にもしていなかったのですが、実況動画を見てついつい始めてしまいました。

 

また冒頭でストーリーは全て英語だと書きましたが、その意味が分かるとまたそれも面白い!私は一回ストーリーを無視してクリアし、2周目で英語を訳しながらプレイしたのですが、ストーリーがわかるとまた見方が変わって2度楽しめました。主人公が食パンなわけですから、当然その持ち主である人間もいるわけです。ストーリーは人間の日記のようなものでしたので、自分に置き換えてみるとこれがまた笑えるのです。後付けに聞こえますが、英語の勉強にもなりますし。

 

通常1000円ほどするゲームなのですが、時々セールで300円くらいになることもあります。ぜひその機会を狙って手に入れ、プレイしてみてください。